2002年2月にオーストラリア(メルボルン)の大学院入学のため、私は遅くとも2001年9月までにコンピュータTOEFL(以下CBT)のライティング(以下ER・ペーパー版のTWEに相当)部門で5.0以上のスコアを提出するよう求められていました。 2000年にTOEFLの試験形式がCBTに改編されました。在学生がペーパー版を受験できるように取り計らってくれる大学もありましたが、私はその時点では、すでに学籍を離れ、一社会人。CBTを受験せざるを得ない状況にありました。2001年2月、CBTに初挑戦。結果はペーパー版のスコアに換算したところ、現役大学院生だった時に受験した成績を下回るものでした。

英語力はむしろ社会人になってからの方が上だという実感があったので、テスト対策を一から練り直す必要があると自己分析。しかし、CBTが登場して間もない時期であったため、市販の対策問題集の種類も乏しく、またCBT導入に際し、京都にて実施サイド(プロメトリック)が開催された説明会にも出席しましたが、自分のスコアアップのために直接役立つ情報を入手することはできませんでした。そこで、TOEFL対策を専門に扱う方と出会うべきだと考え、調査する中で、このアカデミーのことを知りました。私の場合、ただの語学力アップではなく、目標とするスコア、特にER部門で確実に5.0以上を取る、という明確な期限付き目標を持っていたので、このことを学校説明会に出席した際、確認。そのために知恵を提供できる方がおられる学校である、と判断し、通学を始めました。同じクラスには、現役大学生および海外の大学に入学を希望する高校生など、年齢、目的そしてレベルも異なる方々が一緒でした。ですが、講師の先生はコンサルテーションの時間を設け、また授業終了後も時間を割いて相談にのって下さり、各受講生の事情を深く理解した上で、自らの体験談も交えながら、それぞれのニーズに応じた指導を施して下さいました。

私の場合は、特にライティングの力を強化することがメインでした。ですから、択一式の問題演習のほか、日本人講師の方にいただいたトピックを持ち帰り、1週間でエッセイを提出。それをネイティブの講師の方に添削してもらい、翌週そのコメントを考慮に入れ、同じトピックで書き直しながら、並行して新トピックでの作文。成果がすぐに上がらないことに対し、苛立ちも覚えましたが、地道にこれを毎週繰り返しました。2001年8月の夏休みには本番同様に時間設定をし、それまでこなした課題をタイプしながら復習。これで、トピックを見て即座に頭の中で文章構成ができるようになりました。

その結果、8月末に受験したCBTで総合スコア・ERともに目標を達成しました。このアカデミーで受けた指導は、留学先での学位論文作成に大いに役立ったことは言うまでもなく、英語圏での日常生活にて、自分のことを誤解されない様、筋道を立てて説明する必要が生じた時、文書でも口頭においても、応用が効きました。おかげさまで、無事大学院修了が確定し、2003年10月に卒業式を迎える身となりました。



















私は、TOEICを初めて受けた時に735点で、その後一年間独学で勉強したものの725点と、変わらないどころか前回を下回りショックを受け、このコースを取ることを決めました。 最初の授業で、かなり大きな問題集が配られ、まずその分厚さと、中本先生のパワフルな語りに圧倒されました。毎回の授業の内容としては、各問題の形式や出題傾向に沿ったテクニックを中心に講義されます。

リスニングならばどこに集中して聴けばよいか、文法ならばどこを注意して見ればよいかなどで、あとは反復練習によって問題への慣れと早さを身につけるというものでした。またTOEIC頻出の単語を毎回テストで復習しました。 このコースでは、授業に出席するにあたって予習というものはありませんでした。そのかわり、「復習が命」と中本先生は言われます。具体的には、ノートを読み返して毎回の授業で習ったポイントを押さえる、知らない単語を覚える、授業で解いたリスニングの問題をCD(問題集についている)で聴き直して、最初はトランスクリプトを見ながら、最終的にはそらで言えるまで自分で言う練習をする、などです。私も毎週、できるだけ言われたように復習をしていきました。

単語を覚えるのは苦手でしたが、リスニングの問題を自分で言う練習をするのは、目で英語を読むだけではわからない、英語の発音を頭でなく体で覚えるという感じで、リスニング力アップにとても役立ったと思います。半年間の受講を終え、総復習をし、2ヶ月連続してTOEICを受験しました。とりあえず800点を目標にしていたのですが、1回目のテストでいきなり830点と約100点アップしてびっくりしていると、2回目で870点と150点近くスコアが上がり、本当にびっくりしました。 TOEICはある程度まで、英語力というよりもテクニックがものを言うテストだとよく言われますが、そのことを実感しましたし、このコースはそのテクニックを身につけるのに特にいいと思います。そして、あとになって申し訳ありませんが、中本先生は非常に情熱を持って教えてくださいますし、個人的な相談にも快くのってくださる、とてもいい先生です。 後日談ですが、就職活動においてもこのスコアが評価され、某メーカーの海外関連の事業部に内定を頂きました。中本先生には本当に感謝しています。