国際化がますます進む中で、優秀な通訳者のニーズは高まる一方です。このコースでは、基礎的な通訳技能の習得から、逐次通訳、同時通訳に至るまでを学習し、通訳者に必要な教養や各種専門分野の知識を身につけます。現役の通訳者が直接指導にあたり、やがて第一線で活躍する質の高い通訳者を養成します。
●授業内容は録音できます。

本格的な通訳訓練の準備プログラム
入門科

週1回
(2時間×15回)
与えられたスピーチの意味・内容を正確に理解・分析し、それを聞く人に分かりやすい言葉で表現するために、スピーチの音声をそのまま繰り返す訓練(Shadowing)やひとまとまりの内容を記憶してそのまま再現する訓練(Retention)、また、言い換える訓練(Paraphrasing)などを行い、基礎的通訳技能の習得を目指します。また、時事英語・専門用語の習得にも力を入れます。レベルに不安のある方は、初級通訳ゼミナールでのスタートをお薦めします。
 
商談や随行の通訳者として活躍できる力をつける
基礎科

週1回
(2時間×15回)
ShadowingやRetention、まとまったスピーチを要約して通訳する訓練(Summarization)を通して、基礎的な逐次通訳技能の習得からスタートし、原稿を見ながら通訳する訓練(Sight Translation)や逐次通訳に有効なノートの取り方(Note-Taking)を指導します。また、時事英語・専門用語の習得にも力を入れます。
 

本格的な会議通訳者をめざす

本科

週1回
(2時間×15回)
最近の国際会議からのテープや教材を使い、より高度な逐次通訳技能を習得し、同時通訳の基礎を固める訓練を行います。プロの通訳者として必要な国際的教養を見につけ、各種専門分野の知識増強に力を入れます。
●成績優秀者は必ずプロとして登用されます